<基礎知識>霊園選びのポイントは交通の便と宗教など

墓石というのは木のアクや枯れてしまった葉っぱ、塩や潮風に弱いので立地条件をよく調べてください。
そして環境におきましては、花の咲く季節にお散歩が出来る素晴らしい景観の場所が望ましいでしょう。

 

霊園の中には宗教や宗派不問かどうか、そして仏教や神道、キリスト教などの各宗派限定にしているケースもあります。
宗派が限定されてしまっている時には、その霊園にお墓を建てる人は限定されてしまいます。霊園墓地の交通便はどうなっているのか、またお彼岸やお盆などといった時の交通の混雑状態について調べましょう。
霊園におきましては周辺の地形や日当り、さらには山の斜面、海などといった環境が大きく影響しますのでご注意ください。 一般的な霊園というのは、様々な決まり事があり、それら使用規定は必ず守らなければいけません。
特に宗教や宗派は最も大切なことであり、霊園と異なった他の宗派の人は使用をすることが出来ないのです。



<基礎知識>霊園選びのポイントは交通の便と宗教などブログ:19/2/10

母親が外国語を喋ることができれば絶対にしないのに、
母親が外国語を喋れないとやり出すものに、
お子様への外国語教育がある。

母親が外国語をきちんと喋れると、
いかに母国語を正確に喋れるかを非常に大事にするので、
お子様の頃に外国語を教えたりしない。

母国語さえきちんと喋ることができれば、
その後の人生で外国語など簡単に学べてしまうからだ。

しかし外国語を喋れない母親はこのことが解らず、
母国語もままならない幼児に
外国語を覚えさせようとしてしまうのである。

しかもその愚かな母親たちをターゲットにした
外国語の学習塾が存在するので、いい餌食になってしまう。

そのため必死になって我がお子様に外国語を学ばせてしまい、
そのくせ外国語を
きちんと喋ることができないという現実に直面してしまうのである。

母国語がきちんと喋れるからこそ、
外国語をきちんと喋れるようになれるのであって、
母国語の理解度が低ければ、外国語の理解度も低くなってしまう。

だから幼児期には外国語など学ばせず、
母国語だけに限定して教え込んでしまった方が、
そのお子様の脳のためには非常に正しい選択となるのである。

そもそもお子様というのは、
自分から外国語を習いたいなどと決して言い出さない。

母親の意思によって
お子様は外国語を学ばされるに過ぎないのだ。

母親が外国語を喋れないのなら、
無理矢理に我がお子様に勉強させるのではなく、
自分が自宅で外国語の勉強でもしていればいいのである。

自分がきちんと外国語を喋れるようになったら、
お子様に外国語を教えようなどという考えは変わってしまうものだ。